サイトメニュー

もしできた場合の対処方法

案内する女性

状態や希望に合わせて機関の選択を

いぼは皮膚にできる良性の腫瘍ですが、そのタイプによって治療方法が異なります。その為、いぼをひとくくりにして自己判断で治療する事は逆効果になる可能性が高く、医療機関で診察してもらう事が推奨されています。医療機関に受診するとまずは診察しタイプを見極めて治療方針をたてます。皮膚科や形成外科では保険適用手術があり、治癒の為の最善の方法を医師が提示してくれます。取り除く事と再発を防ぐ事が病院の目的なので、施術後の状態についての説明は省かれる事が多いです。結果跡が残る場合もあるので、できた部位によっては目立つ恐れもあります。再発は防げますが、綺麗に取り除きたい場合は美容クリニックが適しています。美容クリニックでは保険適用治療ではないですが、治療対象はいぼを取り除くだけでなく、その後の皮膚の状態まで及びます。綺麗にする事が美容クリニックの存在意義であり、跡が残らない様に仕上げる様に尽力してくれます。治療方法はレーザー手術が主流であり、皮膚へのダメージが軽い性質があるので、回復も早くアフターケアが楽な選択肢です。
美容クリニック等で美容目的でいぼを手術する場合は、炭酸ガスレーザーによる治療が主流になっています。炭酸ガスレーザーは水に吸収される性質があり、いぼの組織に含まれる水分に働きかけます。レーザーにより熱エネルギーをかけて組織の水分が蒸散する事で、いぼを取り除くメカニズムになります。患部を気化蒸散させるので、メスを用いた手術療法や保険適用である凍結術より出血や傷跡が小さく目立ち難くなります。回復は早いですが、アフターケアが特に重要であり施術後には軟膏が処方される事が多いです。レーザー手術をする前には局部麻酔をするので、レーザーですが熱や痛みを感じる事はほとんどありません。美容医療は発展し、炭酸ガスレーザー以外にYAGレーザーという機器も開発され活躍しています。導入している美容クリニックも増えてきており、状態に合わせて使い分けられています。YAGレーザーは色素に反応するタイプなので、周囲の皮膚へのダメージがありません。色素のみに反応するので治りもより早く綺麗に仕上げられます。