サイトメニュー

悪性や良性で異なる事柄

女性

適した治療法を知ろう

形状や状態によって治療法は異なり、いぼの場合にはレーザー治療と手術での切除方法が一般的に行われます。稀ではあるものの、悪性変化の疑いがあるのならば、レーザーではなく完全切除が望ましいようです。もちろん、見た目だけでウオノメなどの自己判断があってはなりませんから、病院を一度は受診しましょう。そして、正しい診断結果を受けて、いぼをどうすべきなのかを医師と相談しましょう。特に女性にとっては、美容目的のための除去として美容整形に特化したクリニックを選択しがちですから、その点に気をつけましょう。現在は、皮膚科や形成外科でも健康面のみならず、美容に関する意思を尊重してくれます。病理組織検査が望ましい場合もあるため、安易な考えで選択はしないほうがよいでしょう。治療をするべきなのか、あるいは手術が望ましいのか、選択法を間違えないためには事前リサーチもしておきましょう。例えば、いぼが大きいために手術による切除なのか縫縮が望ましいのか、選べる手術内容も実に様々にあるのです。
いぼには、ウイルス感染が原因のものや、加齢で表皮が増殖するものなどの種類があります。ウイルス感染では、周囲にも移してしまう可能性があるので、放置はせずに早めに治療や手術を行うことが大事です。その点、加齢によるいぼは、感染の心配はありません。ただし、増大するリスクが多少なりあるので、医療機関を受診して対策しましょう。これらを踏まえて、各医療機関にお世話になりますが、健康・美容・整形のバランスが取れているのは形成外科です。一般論として、コンプレックスで自信が持てない、化粧で隠しきれない、こうした悩みにも応えてくれるのが特徴です。また、ウイルス感染によるものは、悪性細胞ではないかを判定することが大事ですから、専門は皮膚科です。大きくなってきたり、皮膚の変色だったりがあれば、皮膚科が専門で診てくれます。また、手術と一口にいっても縫い縮める方法も展開されています。もちろん、縮めるために周囲の皮膚が伸ばせるのか、できている場所によって選択肢があります。いずれにしても、手術となれば傷跡をなくすことは難しいものですが、目立たなくするための工夫は行われています。例えば、縫縮した傷の方向をなるべく皮膚のシワに合わせるなど、術の種類も様々です。