サイトメニュー

ウイルス性と生来的なもの

医者

様々な治療法

いぼにはウイルス性のものと生来的のものがあります。ウイルス性のものはプールなどで感染することが多く、ほっておくと肥大するのでなるべく早いうちに病院で診てもらうことです。また水いぼと呼ばれている子供がかかるものは、時間が経てば治ることがあります。それから生来的な首いぼは、若くてもできることがあり、少しずつ大きくなっていきます。それから年を重ねるとできるものに脂漏性角化症があります。脂漏性角化症は頭や顔やお尻などにできることが多いです。脂漏性角化症はカサカサしているのが特徴です。それから治療にはまず液体窒素を用いたものがあります。スプレーをいぼにかけて除去するものです。この方法は治療に非常に時間がかかることです。次に抗がん剤を用いたブレオマイシン注射は痛みを伴い保険は効かないです。そして今注目されているのが炭酸ガスレーザー手術です。炭酸ガスレーザー手術は短期間できれいにいぼを取り除くことができるので人気があります。炭酸ガスレーザー手術は皮膚科や美容皮膚科で受けることができます。
炭酸ガスレーザー手術に向いているのは、ウイルス性のいぼやほくろや脂漏性角化症や一般的ないぼなどです。炭酸ガスレーザーは患部に集中的にレーザーをあてることで短時間でいぼやほくろを取り除くことができます。また血もあまり出ず皮膚にあたえるダメージも少ないのです。炭酸ガスレーザー手術については症状によって、保険が使える場合と使えない場合があります。そのため医師とじっくり相談した上で決めることです。また患部の場所によって麻酔を使用することもあります。それから治療後は軟膏を塗ったりテープやガーゼで患部を保護したりすることが必要です。症状によりアフターケアの仕方も違うので注意が必要です。それから炭酸ガスレーザー手術に向いていない方もいるので医師に聞いてみることです。また術後は一定期間は赤みが残ります。それに術後にすぐにお風呂に入ることができないケースもあり、そこは医師に確認した上で対応することです。それからかさぶたができたときは掻いたりさわったりするのは避けることです。